エアコンはどこで買う!?ジャパネット?量販店?ネット!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

エアコンを買うとき、あなたならどこで買いますか?何を重要視しますか?

・とにかく安くしたい。

・保証が手厚いほうがいい

・いろいろ比較して選びたい

いろいろな意見があると思います。

エアコンを買うところも、今ではいろいろな選択肢があります。

・家電量販店

・インターネットサイト

・ジャパネットなどの通販

・中古品

それぞれにメリットやデメリットがありますが、どこで買うのが一番お得なのか?満足できるのか?今日はエアコンを買うならどこで買うのがいいのかをご紹介していきます。

目次

① 売っているエアコンはどこも同じ?

② 買ったあとはエアコンの取り付け工事

③ 工事や作業後のエアコンに対するフォローとは?

以上の3点をご紹介させていただきます。


① 売っているエアコンはどこも同じ?

1-1 エアコンを買う時は比較が大事

あなたは、エアコンがどれも同じと思っていませんか?見た目には同じですが、実は中身が違うことは「ザラ」です。

家電量販店で売っているエアコン。

通販番組が売っているエアコン。

これは比較するとよくわかります。

富士通ゼネラル ルームエアコン ノクリアTKシリーズ 主に6畳<AS-228TK>

このエアコンは、228TK。とあります。これはメーカーの隠語になっていて、分解していくと意味がわかります。

・22とは、2.2kwh。つまり、6畳用エアコンって意味です。

・8とは、2018年の意味です。

・TKとは、タカタ。ジャパネットタカタ専用に作られたモデル。

と、言う意味です。ASは富士通のエアコン共通になります。

型番だけで、富士通が、2018年にジャパネット用に作ったオリジナルモデルの6畳用エアコン。という意味が隠されています。

なので、同じ機種を買うことはネットでも、家電量販店でも不可能です。

なので、本日現在、家電量販店(ヤマダとケーズあたりにしましょうか)。ネットの最安値検索でどのくらいの差があるのか?保証や工事についてもご紹介していきます。


1-2 エアコンの料金を比較してみる

それでは、実際にエアコンの料金をまずは比較してみましょう。

公正に行うために、富士通の6畳用、ジャパネットが「衝撃特価!WEB限定の大目玉!」と記載してあったんで安いのでしょう。なので、他社も最安。とにかく富士通の6畳用エアコンで最安値にこだわっていきたいと思います。

・ジャパネット。(送料が3,000円らしい)

すでに画像でも出ていますが、取付工事含め、「消費税・送料も含め」で67,824円

・ヤマダ電機。(送料無料)

型番はAS-C22H。取付工事、消費税も含めて、75,383

・ケーズデンキ。(送料無料)

ヤマダ電機と同じ製品、AS-C22Hと比べました。取り付け工事費、消費税込み。64,584円。

・ネット最安値。(価格ドットコムなどを参照)

AS-C22Hを検索しました。本体価格、51,989円。送料は無料でした。

ここに取付工事費13,000円(どこも普通の業者はこの金額です。)

本体価格と取付工事を合算すると66,029円でした。

・中古で買った場合

弊社が付き合いのある関東家電リサイクル問屋様の店舗在庫を見てきました。

モデルはAS-226TK(2017年製品でした)のジャパネットモデル。

こちらで販売されたエアコンは弊社が取り付けに伺いますので(契約上取り付け金額は公表できないので約1万円と思ってください。)

取り付け、販売、送料、消費税、全て含まれてお店から半径20キロ圏内であれば合計で38,880円でした。(在庫の確認などの電話は控えください。以前エアコン最安取付工事込み2万円で販売していて、その記事を勝手に書いたら電話が増えて業務の邪魔だと怒られました。気になる人は直接見に行ってください。)

以上で価格の比較は終了です。ランキング的には、

1位、ケーズデンキ、64,584円

2位、ネット通販、66,029円

3位、ジャパネット、67,824円

ボツ、ヤマダ電機、75,383円

参考までに中古、38,880

中古だと、38,880円なのでケーズデンキの「半額」程度で1年前の製品(店頭で型落ち品とか普通に売ってますけどね)ですが購入できるようです。

という結果になりました。その他、ポイントの還元率などで誤差が生じますので細かいところはご自身でご確認ください。


② 買ったあとはエアコンの取り付け工事

2-1 エアコンを買った後の取付工事

エアコンは購入したあとに「取付工事」が必要になります。家電量販店、ジャパネットでは取付工事が含まれていますので何も気にすることはありません。逆に、取付工事しないでいいから値引きしてくれ。といっても販売してくれない可能性が高いです。(販売員に聞いたわけではないので絶対ではないですが、K電気で取り付けの下請けをしている弊社でみていた限り、そのような販売はしていないと思われます。)

ネット最安値を見ている場合は取り付け業者は手配してくれないので自分で探すしかないでしょう。

2-2 取り付け業者の気持ち

まず、エアコンの取付業者は「販売店により決まり」ます。

あなたは、エアコンの取り付け業者はどのようなシステムで仕事を請けていると思いますか?

家電量販店の仕事を請けることはとても「大変」なことなんです。

しかし、中には簡単な場合も存在します。それは、「家電量販店の敷居の高さによる」ということです。弊社ではヤマダ電機、ジョーシン電機、ケーズデンキの3社、ジャパネットなどの通販業者、引越しの時におこなう移設作業、不動産業者が家を売買する際の脱着作業。リサイクルショップで販売されたエアコンの取り付け、ネット集客などのことを行っています。ほかにもあるかもしれませんが今思い出せないので・・・。

まず、仕事をもらう方から言わせてもらえば依頼主にもいくつかパターンがあります。

・とにかく金額を安くしたい。

・作業が丁寧である必要がある。

・保証を手厚くしたい。

・「安い報酬」のくせに全部言ってくるやつ。

の4パターンです。

仕事の取れやすさから言えば

・リサイクルショップやネット通販で買った人の取り付け。

リサイクルショップは何社か経験ありますが、今お世話になっている家電問屋さんが一番個人的にはまともでしたね。まず、仲介料は不要。しっかり取り付けてくれたらそれでいい。エアコンの基盤や構造の故障は仕方ないけど、外損、ガス漏れその他あは取り付けのミスだから責任を取るように、保証は6ヶ月間。

当たり前のように聞こえますがこれはなかなかない高待遇です、ひどいお店は1台8,000円程度しか貰えない場所もありました。仲介料も不要、仕事をしっかりこなせばいいだけ。エアコン自体も質がいいので取り付けやすく汚い中古エアコンを取り付けてくるよりかなり気分がいいです、

・ジャパネットなどの通販業者の下請け

これが個人的には一番簡単かと悩みました。流れとしてはこちらからアポを取って、取り付け業者のエントリーを行えばそれで終わりです。ただ、金額がくっそ安いです。この仕事を請ける意味がわかりません。

・建売不動産業者による斡旋。

これはなかなか厳しいです。不動産業者は「ケチ」ですので、下手したら1台8,000円、もしくはそれ以下で作業をしろと言ってきます。

8,000円の取り付け、材料費などをなくすと約3,000円の手持ち。3台取り付けないと9,000円になりません。今も不動産業者から仕事を受けてますがそこは1台15,000円程度。まったく違います。付き合う相手を間違えると働き損です。実際には仕事を貰いにくいのではなく、「もらいたくない」と言ったほうが正確でしょう。

・最大の関門、家電量販店。

やっぱり、家電量販店が一番大変です。ケーズデンキは『法人』の企業でないと下請けに入れません。「個人事業主」が30年経験積もうと相手にされないのです。

ケーズデンキには、ルールも存在します。やり方、取り付け基準に満たなければ仕事はないのです。

ヤマダ電機については都内にあるヤマダの工事グループに行く必要があります。たしかヤマダアソシエイトうんたらだったような気がします。簡単な研修と登録が済めば仕事が取れるようです。


2-3 取り付け業者の善し悪し

先程は取り付けるこちらの目線で話しましたが、実際には「金額に応じた業者が集まる」と思ったほうがいいでしょう。

わかりやすく例えれば、大手家電量販店には「チンピラ」みたいな話し方、作業態度の工事者はいないかもしれません。身だしなみから伝票一枚に至るまで「大手」な雰囲気はあるでしょう。

※ 中には、見た目が怖いけど会話してみたらめっちゃいい人!ってこともあります。僕の先輩はそうでした。知識も、作業の技術もあるのに見た目が怖い・・・。でも話してみると優しくてお客様から感謝の電話や指名とかももらうベテランです。

簡単に考えれば、大手家電量販店でエアコンを1台取り付けると材料などを考慮しても約8,000円程度手元に残ります。先程不動産業者を例に出しましたが手元は3,000円程度の可能性が高いです。不動産業者で9,000円稼ぐのは1日。家電量販店で9,000円稼ぐのは3時間程度。これだけ差が出ます。つまり、作業に「余裕」があります。丁寧な作業や作業に対するゆとりなどはこういったところから出てきます。

普通の一般人が取付業者がいくら家電量販店から受け取れるのかなんてわかりません。ですが、家電量販店は紹介料を徴収しています。あなたは取り付け業者に、

「私は1万円以上もお金払ったんだからちゃんとやりなさいよ!」

と思うことがあったとします。でも、相手は1万以上もらっていないかもしれません。もしかしたら、数千円、名前を出してかけませんが取り付けで5,000円しかくれない業者もいます。


2ー4 エアコンの取り付けでお勧めな業者

まだ他にもエアコン工事業者を取り巻く闇は多数あります。

ですが、選ぶにあたり筆者はエアコン業者の『能力』は大事かと思います。まず、材料によりますがエアコン工事を行うには電気工事2種が必要です。

エアコンの設置は、資格があればできるほど甘いものではありません。経験や知識、構造を理解している必要があります。

しかし、ネットで検索すると今はエアコンの取り付けがものすごく安い業者が存在します。配管、ケーブル、ドレンホース・・・。エアコンを取り付けるのに必要な材料は多数あります。4Mで取り付ければなんだかんだと人件費以外で4,000円以上はかかってきます。素人は材料の値段も知らないでしょう。だから高い。というのかもしれません。

まず、『安く仕事を取ろう』とする業者よりも、「適正価格で仕事を取る」業者を利用することです。

追加料金、工事の内容、参考例などを記載しているような業者がいいですね。付き合いのある会社、仕事の請負先があるとまたいいでしょう。

エアコンの工事はできれば安く済ませたいものですが、壊れてしまっては元も子もありません。使う材料、作業内容によって金額は変わります。何社か見比べてみて適正価格が理解できればトレブルは避けられます。業者の能力、質は納得できるところに依頼しましょう。


③ 工事や作業後のエアコンに対するフォローとは?

エアコンの工事中に部屋を傷つけた、落とした、などの内容はその場で相手に文句を言えば解決しますね。でも、急にエアコンが壊れたらどうなるのでしょうか?

冷房が出ない、動かない。困りますよね。

保証については、大手家電量販店が一番手厚いです。中古になると10年保証などは機能しなくなりますので、新品で買っていれば保証が付きます。ですが、エアコンは普通に使っていればなかなか壊れない(僕の家のコロナのエアコン。夏しか使いませんが今年で14年経過しました。快適に冷えます。)ので、取り付け業者さえまともなら中古品でもいい気もしますが。

保証が気になる方は家電量販店の10年保証、5年保証があるといいでしょう。

値段を取るなら、中古でもネット最安値でもいいとは思いますが、取り付ける業者次第な部分はあります。来年の夏にエアコンをつけたら動かない。冷えない。なんてトラブルはよく聞きますからね。

ただ、当然ですが

・自分でなにかしら手を加えた場合。

・フィルターやリモコンなどの消耗品の故障

・見た目にヒビなどがあり普通に考えてありえない傷がある場合

などは長期保証に入っていても対応されない場合がります。


終わりに

いかがでしたか?今日はエアコンをどこでかったらいいのか?というところから、エアコン業者の闇までちょっとだけご紹介しました。どうせ買うなら少しでも安いところがいい。そう思いますが、保証やほかの製品と実際に見比べるなら家電量販店が一番です。「使えればいい」、「なんでもいい」なら別ですが、少しでも長く使いたい、安心して使いたいなら数千円ケチるのはおすすめしません!ただ、半額近くになる中古であれば、信用できるお店と取り付け業者がいれば別ですが・・・。どれを選ぶかはあなた次第です!

今日は、

① 売っているエアコンはどこも同じ?

② 買ったあとはエアコンの取り付け工事

③ 工事や作業後のエアコンに対するフォローとは?

の3点をご紹介しました。エアコンの違い、金額の違い、工事業者の違い、保証の違い・・・。これで大丈夫ですか??今年の夏エアコン商戦は真っ最中です!どうせ買うなら納得できるものを買いましょう!


このエントリーをはてなブックマークに追加