引越しで不要になったゴミの処分で困った場合どうするのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
不用品片づけ

引越しは家の中の物を片付ける作業も付随するのでゴミの処分に頭を悩ませる人も多いのではないでしょうか?

  • 日ごろからついついため込んでしまう人
  • なかなか捨てることが出来ない人
  • 忙しくて片付ける余裕がない

いずれにしても引越しでいらなくなったゴミをまとめて処分するには多少なりともお金がかかりそうです。

今回は引越しで必ず付いてまわるゴミの処分についてまとめていきたいと思います。


引越しで不要になるゴミの処分方法を簡単に覚えていこう

燃えるごみ・燃えないゴミは最低限捨てる

いくら忙しいといっても引越しゴミをまとめる前に燃えるゴミ、燃えないゴミなどは先に捨てるように心がけましょう。特に生ごみは最後まで残すと悲惨です。臭いし、腐るしたまった物ではありません。

家具も出来るものなら自分で捨てること

小型で自分で捨てることが出来る家具であれば処分してしまう事をお勧めします。引越しでは粗大ゴミも多く出ると思います。粗大ゴミとは、簡単に言えば捨てる時にビニール袋に入らないゴミです。レンジとか、棚とかですね。粗大ゴミは予約制がほとんどなので引越しなど時間に限りがある場合は早めに予約して処分していきましょう。

電化製品は捨てることが難しい

アパートのゴミ捨て場にテレビや冷蔵庫が置いてある事がありますが、今は家電リサイクル法がありますので簡単に捨てることが出来ません。洗濯機や冷蔵庫などの電化製品はゴミ処分業者を利用するしかなさそうですね。

引越しのゴミ処分でかかる費用はどのくらい?

処分費用に相場はありません

処分費用には相場がありません。ゴミ処分業者が独自に決めたルールです。

例えばAのゴミ処分業者

  • 2トントラック満載で8万円の処分料金。
  • 家電リサイクル料金、階段料金、人件費、処理困難物は別途請求

ゴミ処分業者B

  • 2トントラック満載で4万円~の処分料金
  • 中身による。

ちなみに、4万円で終わることはあなたが捨てる【ゴミ】がゴミじゃない場合以外は99%ありえません。あとは鉄くず(よく不用品回収の軽トラックが集めてますね)など一部のゴミを除けばないでしょう。ちなみに【ゴミじゃないゴミ】と言うのは買ったばかりの家具・家電などリサイクルできる物の事です。安くする代わりに転売で儲けています。もし、転売したりしないと言うのであれば片付ける当日に壊してみたらどうでしょう。ゴミ処分業者の対応がガラッと変わると思いますよ。

ゴミ処分業者Cの場合

  • 2トントラック満載で8万円の処分料金
  • 作業スタッフは2名分。片道20キロまでは基本料金、生ごみ、危険物は別途費用。家電リサイクル法対象品の料金も込み。

など各ゴミ処分業者が自由に決めているのが実態です。

どの位のトラックが必要なのか?

1ルームで軽トラック満載は不可能です。なぜなら【軽トラの荷台は毛布一枚の面積しかないから】です。1ルームでも荷物の多さによりベランダ含めれば2トン1台、もしくは3分の2くらいは必要でしょう。もしくは軽トラック2台ですかね。費用は弊社で品物にもよりますが4万円程度です。

2DK程度では、普通に住める環境の荷物量であれば2トントラック2台、軽トラック2台程度が予想されます。費用は弊社で品物により15万円程度です。

一戸建ての場合は荷物によりますが、35坪程度で庭付き。間取りは4DKくらいですかね。ざっくり25万円程度です。2トントラック3台、軽トラック1~2台程度でしょう。

いざ捨てるとき、不用品回収業者・ゴミ回収業者を選ぶメリット・注意点

こんなところは要注意!

1.料金が不安定なところ

これが一番最悪なパターンです。正直ゴミ処分は5万円で作業できるけど、【こいついくらまで出せるのか?】と足元を見てくるタイプです。最初は高額な料金を言ってきます。大体35万円で利益30万ってとこですね。その後なんだかんだで値引きに入ります。一気に10万値下げも余裕です。それで契約しても20万円儲かります。それでも契約が取れない場合は【いまだけ】など言い出して20万円とかで~。など15万円も勝手に値下げしてきます。値下げされてラッキーと思っているかもしれませんが、他の会社が15万円だったら結果損してますよ。

2.作業スタッフが見積もりしないところ

見積もり作業は現場のスタッフが確認することです。実際に訪問見積もりに来たけど確認は適当に済ませてグイグイ営業するところも後から【こんなのなかった】などトラブルに発展しますね

3.他社の金額ばかり聞いてくるところ

自分で金額が出せないので他社の金額を聞き出して少し安くして契約するパターンです。ゴミの処分にかかる費用が明確に理解できていないような変な会社に依頼するとあなたの荷物は不法投棄されませんか?

頼むと便利??

不用品回収業者、ゴミ処分業者に依頼するとお金はかかりますが自分は何もしなくていいのでとても楽になります。特に引越しでは大型の家具・電化製品の処分に困るので大きな助けとなります。何社か電話して自分にあったところを選びましょう。

まとめ

引越しでは大量・少量問わずゴミの処分が必ず付いてきます。不用品回収業者・ゴミ処分業者は今とても多くなっているのであなたのニーズに合った会社を選ぶようにしましょう。

  • ゴミの処分方法
  • ゴミを処分するのに必要な費用
  • ゴミ回収業者を使うメリット・注意点
  • 間取りごとにどの位トラックが必要で目安となる金額

以上をまとめていきました。住んでいる環境によって全くゴミの処分方法はちがうし、引越しのゴミ処分自体を引き受けてくれる会社も少ないと思います。全体的にゴミ処分業者はあまりいいイメージがありませんが、出来るだけ親身になって相談を聞いてくれるところをおススメします。日時の希望はきけない、料金は不透明なところには絶対に依頼しないようにしましょう。日頃から綺麗に片付ける事を心掛けましょうね。筆者も片づけは苦手なので引越すときは大変そうですが、引越しまで精一杯きれいに片付けましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加