いらなくなったフライパンを捨てるにはどうすればいいのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
フライパン

フライパン。すべての家庭に1つは最低あるはずのこの調理区具。あなたはどうやって捨てますか?
恐らく捨て方に悩んでいるからこのページを見てくれているのですが、あなたが今思った捨て方が合っているか? このページを読んでいって答え合わせをしてください。
ちなみにフライパンにはダイヤモンドコートやフッ素加工などさまざまな言い方のあるフライパンがありますが、根底の作りはどれも一緒なのですべてのフライパン共通に考えてください。これから説明することは決して難しいことではないので、ぜひ実践してみてください。


①捨てるとはいえ、キレイにしないといけない。

フライパンは汚いものです。汚いとは言っても目に見えて汚いだけで水ですすげばきれいになります。
調理した後にそのまま捨てるのではなくて一度きれいにゆすぐ、すすぐをしてから捨てましょう。
もし汚れたまま捨てたらどうなるのかと言うと、カラス、野良猫などの標的になりゴミ捨て場があらされてしまい近隣への多大な
迷惑となります。そのようなことにならないようにフライパンを一度洗うことを進めます。
もし汚れが残っているまま捨ててしまって他のものまで汚れてしまったらごみ収集の人が持っていってくれない場合もあります。
くれぐれもご注意を。

②いざフライパンを捨てるときは何ゴミになるのか?

まじめな人だとここでわからなくなってしまうんだと思います。
プラスチックは燃えないゴミ。空き缶は資源ごみ。フライパンは・・・?
実際には資源ごみの中で金属ゴミ、がある地域もありますももし金属ごみがあるならこの日に捨ててみてはいかがでしょうか?
もしくはフライパン程度のものであれば燃えないゴミで捨てられる地域もあります。
自治体によりゴミ捨ての基準がバラバラなのでゆるい地域は燃えないゴミで何でも捨てることが出来るところも存在します。
ほとんどの場合が燃えないゴミで捨てることが可能なので一度市役所に聞いてみる。ゴミ捨てカレンダー、もしくはあなたの住んでいる
市町村のHPからゴミだしルールのページに行って確認してみてはいかがでしょうか?

③それでも悩んでしまう人へ

粗大ゴミという大型ゴミを回収する方法があるのですが、この規定がゴミだしルールブックにあるはずです。
たとえば、大きさが最大の長さ30センチ以内とか、市の指定ゴミ袋に入る大きさとか、重さが30キロ以内とか。
フライパンの大きさもせいぜい30センチ程度。ゴミ回収員の方も常にメジャーをもっているわけではないので目測で図っています。
私の知っている地域だと燃えないゴミでフライパンは捨てることが出来ます。
フライパンを捨てる方法は市によって違う場合があります。たとえば、単体でビニール袋に入れないといけないのか?
もしくは裸で置いておかないといけないのか?市の独自ルールがあるのでこの辺は確認するようにしましょう。
そして不安であればこのときついでに、
『他の燃えないごみと一緒に捨てていいのか?単体のほうがいいのか?』
を流れで聞けば自然な感じになると思います。

おわりに

キッチン用品は一回買うと結構長く使えるので買い換えるとき、捨てるときがよくわからないですね。

  • 一度きれいに洗う
  • 燃えないゴミか資源の日に捨てる
  • ビニールに単体で入れるなど市のルールは守る

難しそうですが案外簡単に捨てることが出来るフライパン。早速次の燃えないゴミの日に捨ててみてはいかがですか?
もし持っていってくれなければ仕事から帰ったときに家に持ち帰り、市役所に聞いてみればいいのですから。

このエントリーをはてなブックマークに追加