引っ越しで出る粗大ゴミの処分方法BEST3!

このエントリーをはてなブックマークに追加

粗大ゴミ。家具など独り身なら意外と少ないですが家族が増えればドンドン多くなっていくものですね。
今はゴミだしのルールが各市町村で違うものの昔に比べてドンドン厳しくなってきています。コンポや小さなテーブルなどこれも粗大ゴミなの?
って思ってしまうものも多いのではないでしょうか。
今回は引っ越しで出る大量の粗大ゴミを捨てる方法を安い順番に3つご紹介していきます。


1. 断然安い!
自治体の粗大ゴミとリサイクルの併用技

ゴミを捨てるのは断然自治体の粗大ゴミが安いです。住民の税金を使い処分しているので個人の負担はとても少ないです。
ここにリサイクルショップをあわせて使ってみてはいかがでしょうか?
食器棚やダイニングセット、チェストなど家具でもきれいで新しければそこそこの金額がつくこともあります。全部をゴミにして捨てる前に聞いてみてもいいかと思います。
HPで家具を多角買ってくれるところ、家具専門のリサイクルショップを見つけるのがいいと思います。

2. 粗大ゴミの処分
捨てることしか考えていないのではないですか?

粗大ゴミを捨てることしか頭にないと意外と忘れがちですがタダで誰かにあげてみてはいかがでしょうか?
無料であげる、寄付、譲る、どれにしても捨てるよりもいいとは思いますし、引き取り手が現れればゴミ代0円、さらにもしかしたら手土産までくれるかも??
まだ使えるとあなたが本当に思うならお金を払って捨てるよりもいい方法だと思います。ただし、ゴミを押し付けようとか、壊れてたりあなた自身が使いたくないくらいボロボロ立ったりするのであればそれは潔く捨てましょう。あくまでも使えるものを善意で誰かに譲ることが大切なんです。

3. 本当に処分に困ったときは・・・

  • 自分では粗大ゴミを外まで運べない。
  • 譲る約束をしたのに急にドタキャンしてきて困っている。
  • もうとにかく捨てたい!

そんなあなたは注意をしなくてはいけません。それはなぜか?
【多くのゴミ回収業者があなたの今の状態を心待ちにしているからです】
それは不用品回収業者だけではありません。引越し業者も、便利屋と言われる人間たちもそうです。

★明日までに荷物を片付けないと引越しができない

人間そう思うととにかく精神的なストレスから開放されるために荷物の処分方法を考えて探します。この時ほとんどが正常な判断ができなくなっています。
軽トラックで不用品回収のトラックが巡回してきたときに声をかけて荷物を回収してもらったら洗濯機と冷蔵庫で1万円とられた、なんてよく聞きますしちょっと前はテレビでもやっていました。普通ならこんなことしないのになぜ声をかけてしまうのか?
「明日までに片付けたい」そう思ってしまうからです。不用品回収業者に回収してもらった人も満足でしょう。それは精神的なストレスから開放されたからです。それが少し時間が経って冷静になると「ぼったくられた」と気がつくのです。

それではあなたはどうすればいいのか?

  1. むやみに巡回している不用品回収の軽トラックに声をかけたりしない
  2. 偽情報にだまされない。(HPを見て電話をした時に納得するまで話を聞く)
  3. 誰でも簡単に信じない!(引越し屋の営業マンが親切・頼りがいがあるからと全て任せてホイホイとお願いしないこと。相手は営業なんだから新設丁寧は当たり前!)
  4. 自分で探すことが一番お金がかからない!(仲介料もないし値引き交渉や、何社か聞いているうちに大体の相場がわかる!)

あなたもこの4つを守れば絶対に損をしないはずです。

いかがでしたか?
引越しは早い段階から初めて絶対焦らないようにしたいですね。本当に困っても誰かに頼るのではなく自分で調べることを強くお勧めします。事前にちょっとずつ調べていって引越しの1週間前には問い合わせの電話や不要なものを集めたりして後半はなるべく楽をしましょう。
また、アート引越しセンター、サカイ引越センター、アリさんマークの引越し社などの引越し業者が紹介するゴミ回収業者、もしくは自社でゴミ回収する引越し業者の金額は決して割安ではない、仲介料金が取られていると理解してください。弊社のお客様でも引越し業者が紹介してきたゴミ回収業者よりも断然安いとご満足いただけています。もしあなたが今どことも比較しないで粗大ゴミの回収をお願いしているようであれば一度比較してみてはいかがでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加