使わなくなった古い布団の捨て方を簡単に3つご紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加

押し入れの中で眠っている古い布団、使わなくなった布団はありませんか?
よくおじいちゃんおばあちゃんの家に何人家族なの!?ってくらいありますよね。
毛布なら小さくする事もまだできますが普通の布団はなかなかそうもいきません。
今回は押し入れに眠っている布団、汚くなって捨てる布団の処分方法をご紹介します。


1. 布団は発展途上国の方には貴重なものです。ボランティア団体に出してみてはいかがですか?

私たち先進国に住んでいる人間は贅沢なもので布団は固いからマットレスがいい、ベッドがいいと文句ばかりです。
しかし、発展途上国の方からしたらそんな布団はとても贅沢品なんです。テレビなどで貧しい国の特集をしていますが中々寝るところは放送しないからわからないかもしれませんが布一枚、布団すらない家庭はたくさんあります。あまり知られていませんが役所と協力してまだまだ使える綺麗な布団を資源として輸出している団体があります。数年前は協力金としてたしか500円程度募金もしないと引き取ってもらえなかったと思いますがただ捨ててしまうよりも気持ちはいいので調べてみてはいかがでしょうか?

2. 不用品回収業者・市の粗大ゴミに処分を依頼する

布団は自治体によっても違いますが粗大ゴミとなることが多いです。しかし、自治体に依頼するには予約が必要になります。持ち込みが出来るなら予約は不要ですが持込の受付を調べないといけません。公務員なので時間が限られていますのでしっかりと調べておきましょう。
もし粗大ゴミとして捨てることが出来ない場合は不用品回収業者に依頼してみましょう。不用品回収業者に依頼する場合は市の粗大ゴミに依頼するよりも割高ですが手間が何もかからないので急いでる人、めんどくさい人にはおススメです。

3. 裏ワザ、クレームが来るかもしれないけど無料で捨てられる

ネットオークションをやっている人がいればこの方法はどうでしょうか?

【梱包材として使う】

裏ワザなのでおススメはあまりしませんし、受け取った側からクレームが来ることもあります。綺麗で臭いのないものを使いましょう。
布団の中は綿なのでビニール袋に入れてクッション材として使ったり、割れ物などは毛布を一枚つかってグルッと巻いても効果的です。

いかがでしたか? 布団は毎日使うし中々捨てる機会もなく難しいですね。ゴミ出しのルールは守って賢く処分していきましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加