10年前でもまだまだイケる? 冷蔵庫の買い替え時期はいつ?

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この冷蔵庫は独身の時から使っている。
  • 一人暮らしの時に買った。

そんな10年前の冷蔵庫を使っている方もまだまだ多いはず。
そもそも冷蔵庫なんて買い替えるのも大仕事だし、10年くらい普通なんじゃないでしょうか?
小さい独身用から大きなファミリー向けまで今日は毎月数百台の冷蔵庫を検品する筆者の目線でどんなものなのか?をご紹介したいと思います。

1. 冷蔵庫はどこが大事なのか?素人でも壊れているか判別するには?

まず、冷蔵庫の中でも大事な部分があるので簡単に記載します。冷蔵庫の作りは非常に簡単です。背面の下部に黒いコンプレッサーがあります。それが冷蔵庫の心臓部です。次に冷蔵庫の側面に放熱する機材が隠れています。これもまた大事です。霜取りを行うので温かくならないと壊れています。そして冷風を循環させている小型の扇風機。これが壊れていると一部は冷えても全体はぬる~くなってしまいます。
この3か所のことは覚えておくと損はないです。もし自分の冷蔵庫が調子悪い時は見てみるとどこが悪いか理由がはっきりするからです。難しい専門知識、専門用語を使わなくても冷蔵庫の仕組みは十分理解できます。

2. 冷蔵庫が壊れてしまう理由とはなにか?

結論から言えば電気屋でも製造メーカーでもないのでわかりません。ですが1万台以上見てきた個人的な経験で書きます。

  • 輸送中の振動により破損

これがダントツ多いです。使用中に壊れてしまうよりも、輸送が雑なためガスの配線が折れる、キズがつくため冷媒ガスが循環しなくなり壊れる。センサーが機能しなくなる、もしくは冷蔵庫内部の冷気を循環させる小型扇風機の場所が少し動いてしまって冷蔵庫とぶつかりガタガタ音が鳴るようになってしまった。など横や斜めにして運ぶ、段差でガタンと大きな振動を与えてしまうと壊れる可能性は大きくなります。

  • ドアを半開きにしてしまい内部が結露し主要パーツが凍り付くため正常な動作が行われない。

以外と半開きのまま気が付かない方が多く、このような症状で悩む方も多くいます。この場合は内部の凍結が原因なので真夏であれば2日程度全開放していれば凍結がなくなり綺麗になります。そうすると再び正常に動くので十分にまだ使えると思います。

  • 模様替え、インターネットオークションで買って設置したが送風状態で全く冷えない。電源を入れても動かない。

冷蔵庫は設置後24時間電源を入れない方が望ましいです。冒頭でも説明した通り背面下部のコンプレッサーに負荷がかかる(正式な理由は分かりませんしネット上でも検索すると色々な情報があります。でも、万が一どれかの情報を信じて行動した場合壊れてしまっても自己責任です。慎重に選んでください。筆者は昔ながらのやり方ですが今のところ破損はないです)ため電源を入れない方が良いとされてきました。ですが今の冷蔵庫は性能、製造方法が違うために電源を入れても問題ない、らしいです。おそらくこの曖昧さが消費者、我々を困らせている内容です。部屋に設置して電源をすぐ入れたら壊れてしまう。業界人からしたら常識なんですが素人の方にはなかなか理解してもらえません。正しい知識を持ち長く使えるようにしましょう。

3. 冷蔵庫の事を理解したら冷蔵庫の寿命と買い替えの時期を考えよう!

それではいよいよ本命です。冷蔵庫の買い替え時期について。

  • 引越しでいらなくなった。
  • 壊れてしまった。
  • 家族が増えて小さくなったから大きなものに買い替えたい。

正直このタイミングしかありません。よっぽど気に入った物があるならばその時に買うべきです。
よく勘違いされている方がいますが、

  • 古いから消費電力が多いわけではありません。
  • 大きいから電気代が高いわけではありません。
  • 新しくても壊れる物は1年もしないで壊れる、不具合があります。

一番大事なのはメーカーにより構造、部品の数、性能が違うので耐久性などまちまちです。
新品で2D冷蔵庫も安いものは2万円でお釣りが来ます。2万円の冷蔵庫と4万円の冷蔵庫では当然体耐久力、性能、使っている部品の良しあしがあります。
2でも書いた通り動かしたり移動すると故障のリスクは伴います。20年くらい前の物でも動いている物はありますが、今は製造メーカーが製造後7年の標準使用期限を設けています。
もう10年くらい使っているのであれば壊れていなくても手放す準備を始めた方がいいかもしれません。壊れていなければ冷蔵庫を無料で引き取ってくれる会社も存在しています。壊れて有料で処分してしまうのであれば完全に壊れる前に家電量販店の歳末セール、新年のセールなど安売りの時期に買う、もしくはネットで安いものを探して買い替えた方が少しでも費用を浮かす。と言う見方では正しいのかもしれませんね。

長くなってしまいましたが勉強になりましたか?
冷蔵庫の仕組み、壊れる理由を把握して少しでも長く使っていきましょう。もし使っている冷蔵庫が10年くらい古いものであれば安売りの時期に買い替える。完全に壊れてしまっては選ぶ余裕がないですからね。まだまだ使えるからと油断しないでくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加