新生活応援! 電化製品を安く買う方法をご紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加

生活に必要なのはなんといっても電化製品。今回はそんな電化製品を安く買う方法をご紹介していきます。
まず先に、電気屋の決算セール、値引き交渉は書いてませんので、目的地外の方は他のページを探してください。筆者がこの方法は安く買える、手に入る方法だと思ったことを安全な順番に書いていきます。

1. つまらないけどやっぱりリサイクルショップ関係が安全

安く電化製品を買うにはちょっとつまらないけどリサイクルショップが王道ですね。中古に抵抗があるかもしれませんがこの安さで安全なのは他にありません。なかには大手電気量販店の型落ち品専門ショップなんてのもあるのでいいかもせれませんよ。最近の大手リサイクルショップはB品、不良在庫などを流通センターなどから安く買い込みディスカウントストアのように売っている所も多いので新品志向の方も行きやすいのではないでしょうか?

2. インターネットオークションを利用する

この方法は気長に作業をする必要があります。予算5千円以内と的を絞っていれば必ず帰るともいますが送料、配送日など踏まえると値段ばかり先行してしまい結果的に大変な思いをするかもしれません。ちなみにネットオークションでも新品専門店はありますので綺麗な商品があると思いますよ。ただ、これはある配送業者から聞いた話ですがデメリットが分かりやすく2つあります

・配送が玄関先まで。

簡単に言えば妊婦でも杖をついてる老人相手でも洗濯機、冷蔵庫などを玄関先に段ボールのまま置いてさようならってことです。雨なんて降ったら最後ですね。運ぶのが一人で出来る訳もなく、ドライバーと喧嘩したりクレームになることが多いとも聞きます。

・え? なんで? 新品のに壊れてる(キズがあるなど)

ちょっと送料を多く払えば設置までしてくれるのですが、洗濯機、冷蔵庫が壊れていることがあります。なぜかお分かりですか?答えは簡単。壊れたものを売っている(もしくは壊れた物を自社、自分で修理したがやはり壊れた。)だから安いのかもしれませんね。勝手な推測ですが、一度販売したものが不具合があり返品を受け、返品されたものを安く買う業者がいて、自分で直して販売。そんな感じではないですか?アウトレットモールがあるくらいなので不思議ではないですね。
全ての販売業者がそうではないですが、素人がオークションで購入する時も今は注意が必要です。安さにつられないでしっかりと見比べてくださいね。

3. 無料であげます、譲りますのサイト、アプリをつかう。

今ネットで『無料 冷蔵庫 あげます』など検索したらものすごい量のホームページがあります。
ただ、これはお勧めしません。デメリットが多すぎます。

  • 自分で取りにいかないといけない
  • 相手が本当にいるかどうかわからない(いたずら目的など)
  • まともに動くかわからない(無料なので壊れてても実費で処分が妥当と司法でも判断されるでしょう。善意での行為ですから)
  • 個人情報を取られるかもしれない
  • 相手がどんな人間かわからない

キリがありませんね。筆者の知り合いもめちゃくちゃビンボー時代に使ったことがあるのですが、

  • 綺麗なものはみんな取り合う
  • リサイクルショップが買うと言い出し取られる
  • ドタキャンされた
  • 取りに行くとき手ぶらだと悪いから結局金はかかる
  • 洗濯機は水垢がひどくて使えないのもあった

など苦労があるそうです。タダで手に入れるのは理想ですが、タダより怖いものはないのかもしれませんね

どうですか? 何か自分に合ったいい方法はありましたか? 個人的には信用があるリサイクルショップなど店頭で買うのが一番かと思います。電化製品を安く買う方法、3を試すときはじゅうぶんに注意してくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加