私たちの想い

私たちは【高額な利益を望んではいません】ただ、多くの方が勘違いしている相場の料金を訂正し、適切な料金で、適切なサービスを【金儲け】として仕事をしている遺品整理業者に一人でも騙されないようにわずかな利益でお引き受けしています。


遺品整理を担当する遺品整理士の想いについて

はじめまして、DSライフサービス、店長の山花と申します。
私どもが考える遺品整理は結果的に『お金儲け』が目的ではありません

実は私が29歳の時に祖母が亡くなりました。複雑な環境で育った私には実の母親のようで、高校まで母親だと思っていました。高校卒業後は実家を離れて年に1回会えればいい方でした。それも数時間。10年間のことをとても後悔しました。車で10分のところに住んでいたのに、何で合わなかったんだろう。まさか、79歳でもう手の届かないところにいってしまうなんて思いませんでした。

それからしばらく、遺品整理の仕事は受け付けなくなりました。電話が鳴っても全て断り続けました。考えるのも嫌だったし、人の死について経験がなかった私はショックなのか、引越しゴミの片づけならまだしも、これまでに感じた【遺品の重み】がかわってしまったのです。遺品はゴミではありません。不用品でもないんです。生きてきた方の人生の記録です。将棋盤1つにしても、取手がヒビ入っている小さなコーヒーカップにしても、遺族や故人様にすればそれは生きてきた記録です。それを今【金儲け】として行う人間が多いです。


  • これからは老人が増えるから仕事が増える
  • どこかでちょっと修行して独立すれば金儲けできる
  • テレビでも取り上げられてるし有名になれるかもしれない

相手の気持ちを、見積もりに来た人間の気持ちを考えたことはありますか?
作業金額の事ばかりで、少しでも安く捨てたい事しか頭にないことはありませんか?
相手を見た目だけで判断していませんか?
相手の言葉をどこまで信用していますか?

初めての遺品整理で頭が真っ白になって、でも片付けなくちゃいけなくて、焦る気持ちはよく分かります。でも、絶対に忘れないでください。相手は遺族から儲けようとしていることを。営業に来ていることを、自分たちのことをどこまで考えてくれているのかを。
私たちDSライフサービスが赤字でやっているとは言いません。
私たちDSライフサービスも営業し、お客様から代金を頂いています。
でも、これだけは違うと言い切れます。

《金儲けしか考えていない会社とは違います》

遺品整理は不動産会社、司法書士、弁護士などと業務提携すればいくらでも今とれる仕事です。それは絶対にしたくないし、しません。全ての不動産会社、弁護士、司法書士とは言いませんが、【紹介料】を受け取っています。片付け屋からにしろ、ご依頼主様からにしろ請求額の10~20%程度を受け取っていますし、私も過去に1件司法書士からの依頼で引き受けたところ今回は10%を紹介料金でいただくから、依頼主に見せる見積書に上乗せしてほしいと言われました。上乗せです。20万円だったのが22万円になり、2万円は司法書士が取る。お客様は無駄に払うことになります。それでも多くの依頼者は『司法書士の方が言うのだから間違いないのだろう』と考えるのだと思います。僕はそれ以来紹介料金はお支払いしません。と電話が来た時点で説明したところ、どこからも電話がかかってこなくなりました。

全ての司法書士、不動産会社、弁護士が悪いとは言いません。ですが、頼り切らないでご自分でも探してみるのはいかがでしょうか?私は実際に司法書士が最初に見積もりをとった遺品整理業者よりも同条件で10万円以上安く作業できました。
考えると本当にキリがないくらいこの業界は混沌としています。


  • 誰かの役に立てる仕事がしたい
  • 利益は最低限でかまわない、赤字が出なければお客様の希望を最優先
  • 後悔が残る仕事、作業はしない

私みたいな人間がいたところで業界全体が変わることはありません。それでも私が知り合えた方へ最大限のサービスがしたい。それが私の想いです。

遺品整理を再開したことについて

私が遺品整理を再開したのは1年後でした。千葉県にお住いのおばあちゃんがきっかけです。このおばあちゃんは私が28歳の時に引越しゴミの片づけを担当させてもらった方で、当時貸家に住んでいる兄の家を片付けていました。貸家の大屋さんが私たちを気に入って下さり、おばあちゃんに電話までしてくれて『あの若者は責任感が強く今時めずらしい、夜9時まで明かり一つで作業してた。明日にすればいいのに、約束したから絶対にやめられない。感動してしまったよ。いい会社を選んだね』と伝えてくれたそうです。それからお付き合いがあり、息子の家を片付けたいと連絡がありました。すぐに駆けつけると話が弾み、祖母が亡くなったことを伝えるとそのおばあちゃんは『死んだ後に迷惑はかけたくない。あなたが一生懸命働いて幸せになることが親は一番の供養になる』そう言ってくれました。私は従業員一人一人に謝り、気持ち新しく今このHPを書いています。

お客様が笑顔になってくれる。ご遺族の方の新しい門出を迎える準備に立ち会える。自分の親に対して恥ずかしくない仕事を私は、従業員ともどもこれからも続けていきます。


無料お見積りはこちらどうぞ お見積・ご相談は無料ですので、 お気軽にご連絡ください。 0120-21-7802 365日年中無休 受付時間:9:00〜19:00